どの方法で資金調達をするのか

早めに資金調達を済ませよう

重要視することとは

急いで資金調達をしたい時は、ノンバンクに融資を申し込むのが良い方法です。
銀行だと、数か月の時間が掛かってしまいます。
それでも他の方法に比べると早いですが、ノンバンクなら数週間から数日、最短だと即日で融資を受けられるので、時間がない時でも安心です。
さらにノンバンクは審査が緩く、社会的な信頼が低かったり、今回が初めての開業になる人でも融資を受けられると思います。
ただノンバンクは、金利が高いというデメリットがあるので、資金の借りすぎに注意してください。
少ない金額だけ借りても、返済額が予想より大きくなってしまう可能性があります。
一方で銀行は金利が低く、計画的に利用すれば返済が負担にならず、安心して使えます。

税理士に同席してもらおう

銀行から融資を受ける際は、銀行員と話し合います。
その時に事業内容を伝えたり、これまでの自分の経歴などを説明したりしますが、この時に話が通じないと、信頼性が低いと判断されて、審査を通過できません。
うまく説明する自信がない人は、税理士に任せるのがオススメ。
税理士はプロなので、スムーズに説明してくれるでしょう。
また税理士がいるだけで、税務処理をきちんと行っていると銀行員にアピールできます。
こちらの信頼に繋がるので、遠慮せず税理士に任せましょう。
税理士を利用すると費用が掛かりますが、他にも会社の資金繰りや節税対策などを相談でき、メリットは多いです。
頼りになる税理士を見つけて、一緒に会社を経営しましょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ