どの方法で資金調達をするのか

負担が少ない方法が良い

条件をチェックする

これから事業を始める人なら誰でも申請できる補助金や助成金から、女性の雇用を増やしている、地域活性化のために事業を行っている会社など、細かい条件が決まっているものがあります。
どれでも構いませんが、条件に一致する補助金や助成金を申請しましょう。
条件を調べた結果、複数の補助金や助成金が使えるとわかったら、それぞれを申仕込んでおくのがオススメ。
するとかなりの資金が手に入り、安心して開業できます。
ただ補助金や助成金で得た資金は、運転資金や設備資金にしか使えません。
そのため、自分の生活費に使うことは絶対にしないでください。
また運転資金に使える金額と設備資金に使える金額が、決められている補助金や助成金もあるので、申し込む前にしっかりと調べておきましょう。

利用する際の注意事項

気を付けなければいけないことは、補助金や助成金は申し込んでから審査を受けますが、それにかなりの時間が掛かることです。
早くても数か月、一般的には1年ほどの時間になると覚えておきましょう。
ですから、早めに申し込まないと開業まで間に合いません。
さらに補助金や助成金は、締め切りが決まっています。
締め切りを過ぎたら申請しても受理されませんし、中には定員に達すると、そこで締め切られてしまう補助金や助成金もあります。
出遅れると不利なので、今年の補助金や助成金に関する制度を早めに調べて、必要であれば申し込みましょう。
このように1年ぐらい前から企業の計画を考え、資金調達のタイミングを見極めることがポイントです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ