どの方法で資金調達をするのか

出資してもらうためのコツ

クラウドファンディングのやり方

簡単に始められる部分が人気で、クラウドファンディングに注目が集まっています。
この方法で資金調達をするなら、サイトに登録しましょう。
厳しい審査を受ける必要はなく、会社や自分の名前、さらに事業内容などを記入するだけで登録が完了し、その瞬間からクラウドファンディングが始まります。
またこの時に、クラウドファンディングの期限と目標金額を決めましょう。
期限まで目標金額に達しなかった場合は、これまで集まった資金が出資者の元に返されてしまいます。
自分は1円も受け取れないので、クラウドファンディングは失敗することもあると忘れてはいけません。
さらに返済しなくて良い面もメリットですが、出資者に返礼品を渡すことがルールです。

効率良く宣伝するならSNS

何をしている会社なのか、事業が成功することで社会にどのようなメリットがあるのかなどをうまく伝えることが、クラウドファンディングを成功させるコツ。
そこでSNSを活用しましょう。
ただ待っているだけでは、誰も自分がクラウドファンディングを行っていることに気づけません。
こちらから宣伝して、気づいてもらうことを心がけましょう。
なぜSNSが良いのかというと、利用しているユーザーが多いからです。
ユーザー同士で情報が拡散され、事業に興味を持った人が出資してくれることを期待できます。
そのためにはSNSで頻繁に情報を投稿したり、フォロワーを増やしましょう。
さらに、みんなが見ている間にSNSを使うのがオススメです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ