開業資金の調達に利用できるサービス

どの方法で資金調達をするのか

短時間で資金が手に入る

どのような方法を使っても良いですが、資金調達は早めに行うのがオススメ。
資金調達が遅れると他の作業もできなくなり、結果的に開業の時期が遅れたり、最初から経営が滞る原因になります。
そこですばやく資金調達をするなら、金融機関から融資を受けましょう。
銀行やノンバンクから融資を受けられますが、どちらにしても審査を通過しなければいけません。
審査は、比較的ノンバンクの方が簡単だと言われます。
また銀行員と話し合う際は、税理士に同席してもらい、こちらの信頼を高めておきましょう。
資金を借りるのではなく、もらう方法が良いなら、補助金や助成金がオススメ。
条件に一致している人なら申請でき、補助金や助成金は返済しなくて良い面がメリットです。
しかし審査に時間が掛かったり申し込み期限が決まったりしているので、開業したいと思った段階で申請するのがよいでしょう。
周囲の人から出資してもらう、クラウドファンディングでも資金調達ができ、この方法を選択する人が増えています。
人気の理由は、補助金や助成金と同じように、資金を返済する必要がないこと。
金を援助してくれた方に返礼品を渡す制度なので、自分はどんな返礼品を渡せるのかよく考える必要があります。
また期限までに目標金額に達しなかった場合は、資金調達ができません。
このようにクラウドファンディングは失敗する可能性もあるので、どのような会社を始めようとしているのか、詳しい情報を提供しましょう。


ページの
先頭へ